東京三菱UFJ銀行の「おまとめローン」を徹底解析!

東京三菱UFJ銀行のおまとめローンはカードローンのバンクイックのことを指します。
金利は1.8から14.6と幅広いものの、メガバンクの中ではかなりの低金利になります。
正社員で借り入れ件数が3件以内の方は東京三菱UFJ銀行のおまとめローンを利用すると金利負担が少なく月々の支払いも少なくなる可能性があります。
借り入れが4社以上の場合には審査が不可能となりますので注意が必要です。
年齢が20歳以上で65歳以下の方、日本国内に居住、安定収入があることが基本条件となります。
学生の方や無職の方でも配偶者に安定収入がある方なら申し込みが可能です。
アコムの保証がつきますので、アコムの保証基準をクリアすることが必要になりますが、安定収入があって住所が確定していればほぼ審査には問題がないとみてよいでしょう。
パートやアルバイトの方でも月間15日以上といった形式でまとまった収入と継続した仕事があれば申し込みが可能です。
100万円以上のおまとめローンを借りるのは厳しいですが、50万円程度なら充分に融資の可能性があります。
ただし借り入れが2社以上ある場合には審査が難しくなります。
自営業者や個人事業主でも安定した収入があれば申し込みが可能です。
収入証明書が必要になります。
無職の専業主婦の方は安定した収入のある配偶者がいれば30万円まで申し込みが可能です。
東京三菱UFJ銀行に限らず、おまとめローンを含めローン審査では仮審査と本審査があり、仮審査が通っても本審査で落とされる可能性はあります。
あらかじめ東京三菱UFJ銀行に口座を作っておき、給与振込口座に設定しておくと手続きがスムーズになります。

おまとめローン審査に通りやすい人はどんな人?はこちら

ジャニーズのカレンダーは買取してもらえる?

ジャニーズのカレンダーは買取してもらえる?

ジャニーズグッズの中にカレンダーがあります。1年間を通して楽しむことが出来るカレンダーですが、これも売ることが出来るのでしょうか?カレンダーの買取を明記しているところはあまりありませんが、まず、駿河屋がありました。ホームページの「お売りください」の項目の、買取可の中にカレンダーと明記してあります。ただし未使用品に限るとあります。切れていたりすると買い取ってもらえなくなる可能性がありますので、気を付けて取り扱っておくと良いですね。また、ジャニーズグッズの買取で有名なジャスティーも調べてみたところ、「よくある質問」の項目の中に、「買取できないものは?」という質問があり、その答えとして、「公式グッズはすべて買い取り対象です。また、雑誌やポスター、切り抜きも買取できます。非公式グッズは買取できませんのでご了承ください。」とありました。ですから公式に販売されているカレンダーであればジャスティーも買い取ってくれるという事が分かります。ジャニヤードも調べてみたところ、「よくあるご質問」の中に、「どういったものが買取対象ですか?」というものがあり、答えとして「アーティストに関係なく、公式ジャニーズグッズはすべて買取対象です。その他雑誌やポスターも買取対象となります。非公式のジャニーズグッズに関してはお値段をお付けすることが出来ませんのでご注意ください。」とありました。ジャニヤードもジャスティー同様公式カレンダーであれば買取してもらえることがこれらから分かります。
ジャニーズグッズ買取ガイド|一番高く売るには?買取りの方法徹底解説!はこちら


どうする!?完済後のバンクイック解約

懸命に返済に努め、完済ができたときに考えるのはバンクイック解約。
ちなみにバンクイック解約の手続きはこちらも第二リテールアカウント支店に連絡をすることから始まります。

解約をするのかそのままカードを持つのか、まずはそこから考えてみましょう。
バンクイックカードは持っているだけであれば年会費もかかることはありませんし、完済しているのであれば借入残高が無い状況で利息も発生しませんのでかかるコストは1円もありません。
万が一に備えて持っているだけということもできます。
解約をしてしまえば、急な借り入れに対応するときには時間がかかってしまいます。
解約せずにカードを持っていることで必要なときにすぐ借り入れをすることができます。

もし、これまでのバンクイックカードでの使い方に自分で不安を感じていたのであれば解約は方法として考えておかなくてはなりません。
使いすぎを防ぐためにも解約をして自分で借り入れができる金額を選択肢から消すということです。
お金を返すというのは簡単ではなかったでしょう。
途中で何度も計画通りにいかないという事態になってしまったこともあるかもしれません。

自分のバンクイックでのキャッシングが計画的にできたのかどうか、完済した後にもまたよく考えてみましょう。
計画的に利用ができたのであればそのままカードを持っていても今後のピンチも救ってくれるでしょう。
しかし、計画的に利用することができていなかったのであれば思い切って解約することも考えましょう。
バンクイック|WEB完結でお金を借りるはこちら


アコムにお問い合わせをしてみよう。

キャッシングを利用する場合には、いろいろな問題点や疑問点が浮かんできます。
問題点や疑問点を解決しないままでのキャッシングは、非常に危険が伴います。
自分を守る意味でも、確実に解決するようにしましょう。

アコムでは、顧客の問題や疑問に対応するべく、分野別で専門の問い合わせ窓口を設置しています。
それぞれの窓口で、担当アドバイザーが丁寧に答えてくれるので、安心して利用できます

これからアコムのキャッシングの利用を検討している方は「はじめてのお客様問い合わせ窓口」を利用しましょう。
申込方法や、実際の利用方法、返済方法などを、基本的な項目から、実際の手続きの方法までアドバイスしてくれます。

現在すでにアコムのキャッシングを利用している方は「アコム総合カードローンデスク」を利用しましょう。
返済方法の変更や借入額の変更などの諸手続きについて、親切に相談に乗ってもらえます。

返済日の確認や、残高照会などは「プッシュホンサービス24」で受付ができます。
音声自動対応で、振込による借入の受付なども、24時間対応してくれます。

海外でクレジット機能が付加されたマスターカードなどを利用する方は「ショッピングデスク」を利用しましょう。
海外旅行先などで、困ったことが発生した時には、すぐに問い合わせを行うようにしましょう。

その他、アコムに対する苦情・意見・要望などは「お客様相談センター」で受付を行っています。
これらの窓口を有効的に活用して、上手にキャッシングを利用しましょう。

アコムの借り方|アコムの審査に通る人・落ちる人のポイント【保存版】はこちら

カードローン比較サイトは、条件の絞り込みができるから活用するべき

カードローンを探す際には、どのような方法を用いるべきかというと、やはり利便性の高いツールを活用するのが最も賢いといえます。その点で、カードローン比較サイトはとても役に立ちます。カードローン比較サイトとはその名のとおり、カードローンのサービスを比べることができるようになっているサイトです。データーは公式サイトを引用したり、その情報を見やすくしたりしたうえで表にまとめています。表にまとまっていることで、比べ安くなります。

そして、特に利用するメリットがあるのが、条件の絞り込みができるという点です。例えば、金利が一定範囲以内のものに絞り込んで表示することができます。また、金利が低い順番に並べ替えることもできます。そのほか、審査が短いとか、使えるATMの幅が広いなどと言って条件指定をすることができます。このように、カードローン比較サイトはカードローンを選ぶ際に活用することで、自分に合ったサービスを選ぶことが可能となります。

いろいろなカードローン比較サイトがありますが、できれば登録されているカードローンが多いほうが良いでしょう。なぜなら、比較するのであれば、比較対象が多いほうが正確な結果を得ることができるからです。もし少ない数しか扱っていない場合、その中でのベストは見つけることができますが、全サービスの中ではそれがベストとは限りません。したがって、できるだけ情報の多いカードローン比較サイトを利用することをおすすめします。


プロミスとアイフル、それぞれのメリットは?

プロミスとアイフル、どちらも大手の消費者金融という共通点はありますが、どちらがどんな点に優れているのでしょうか。プロミスとアイフル、双方のメリットとは?

まずはプロミスですが、プロミスのメリットはなんといっても30日間無利息サービスがあることでしょう。この無利息サービス、期間限定などでやっているキャッシング会社は多々ありますが、キャッシング会社の主な収入源は利息収入になります。それを「無利息」としているいわば出血大サービスのサービスを初回出金時など限られてはいますがプロミスではずっと行っています。またプロミスは最近金利も下がり、融資限度額もあがりました。消費者金融のなかでもトップクラスのスペックを持っているのではないでしょうか。

対してアイフルはというと、通常のカードローン自体には他社と比較するとそれほど魅力はないといえるかもしれません。しかし、アイフルにはローン商品が多数取り揃えています。中でも人気なのがおまとめローンです。アイフルを利用中・利用したことがあるという人なら申込可能なおまとめMAXは、貸金業法に基づくおまとめローンとなっており、金利は12.0%〜15.0%と銀行カードローン並みの低金利となっています。金利の低さから、アイフルはおまとめローンに大変定評があるのです。

このように、双方ともメリットがある部分に大きな違いがあります。キャッシング会社選びの際に大手のいくつかで比較検討したりすると思いますが、それぞれ違った部分にいいところ、悪いところがありますので自分の利用目的にあったキャッシング会社を選んで利用するといいでしょう。